お年寄り

クリニコで病状安定|栄養バランス良好の美味しい食事

美味しい医療食を展開

お年寄り

食べ方にまでこだわる

病食や介護食は味気ない和食中心というイメージが払拭できず、要介護者よりも被介護者に難色が示されている傾向にあります。クリニコでは、病態にあわせたご飯シリーズとして、ご飯と食欲をそそるソースをセットにしたレトルト食を提供してくれています。1食分ずつパックされ、洋食や中華テイストの味わいをラインナップさせ、見た目や味のみならず、香りからも食欲増進効果を期待できる内容です。味気ない病食とは違い、必要な栄養素を補いながらも本格的であり、咀嚼に難色を示す病態の患者に対し、食べやすさも利点と言われています。また、クリニコでは出来立ての味や香りを意識するのみならず、温めずにそのまま食べる場合にも配慮するなど、人それぞれで食べ方にも違いがあるため、温・冷にもこだわり、提供してくれています。

医療食の選び方

クリニコでは医療食のラインナップも豊富で、普通食が食べられず、液体状にした流動食として提供しているのが特徴です。飲むタイプとなる経口だけではなく、消化吸収をスムーズにしたチューブタイプも提供されていますが、流動食には普通流動食と違い、濃厚流動食が展開されている点にも注意が必要です。重湯や葛湯などが利用される普通流動食と違い、栄養剤を添加してカロリーを高くし、より一層、栄養素の吸収率を高めている内容となります。天然と人工濃厚流動食に分けることもでき、1日に必要な栄養素を摂取する場合には処理法にも着目することは大切です。クリニコでは長年の流動食を研究し、食事代替品としての高栄養流動食を提供してくれています。製法はもちろん、衛生的にチューブ接続できることなどは、導入したい場合にチェックしておきたい内容です。